hide~僕の365日戦争

馬鹿な男が必死で生きてる物語

命の重さは平等ではない

f:id:hidetoasahi:20181025073526p:plain    わたしはいつもこう考えております

   【命の重さは決して平等ではない】

私達、日本人は生まれた時から食べる事、服を着る事、勉強をする事、仕事をする事、遊ぶ事、様々な事が事がさも当たり前の様に思って育ってきました。

その中において、周りの人間と自分を比べ優劣を競い合い、勝っても負けても結局は不幸せという負の連鎖を繰り返し、衰退の方向に進んでおります。

みなさんもご存知の通り、世の中には貧しい国が多数ございます。 f:id:hidetoasahi:20181025074053p:plain

食べる事も出来ず餓死して死んでいく子供達…

学校にもいけず家族の為に働く子供達…

紛争に巻き込まれ死んでいく子供達…

人類の本当の進化とは一体なんなんですかね?

政治では貧困の格差問題という言葉だけで終わらせています。

世界中の人が幸せになる事は不可能なんでしょうか?

誰かが幸せになる為には、他の誰かが犠牲にならなければいけないのでしょうか?

それを時代の進化といえるのでしょうか?

生まれた国、生まれた時代によって人間の命の重みは違います。

同じ日本人であっても戦時中は幾人もの若者達がこの国の為に命を散らしていきました。

その若者達が命張って守ったこの国は、彼らが望んだ未来になっているのでしょうか?

日々、増加する自殺者や様々な不安という不満をもって生活している人々。

    便利を求めて便利に殺される人間達

今、我々が本当にやらなくてはいけない本質とは、本当の幸せとは何なのかを見つめ直す時が来ているのではないでしょうか?

これ以上、進化をする必要はないのではないでしょうか?

今ある、全ての人や物や限りある資源を守る事が最重要だと考えております。

      【未来の子供達の為に】

この世に生を授かった喜びを感じ、朝は希望から始まり夜は感謝で終わる日々が必要だと感じます。

そして、世界から争いがなくなり皆が平等に幸せになる権利がある世界になってもらいたいと思い、今回記事に致しました。

宗教論でも政治論でもなく、私が純粋に考えている一部をブログにて書かせて頂きました。

小さな声ではありますが世界の誰かにこの声が届けば いいなと思います。

     この言葉よ届けと念じます

 本日は読んで頂き誠にありがとうござました。