hide~僕の365日戦争

馬鹿な男が必死で生きてる物語

無理という魔法の言葉

みなさんも1度は口にした事がある言葉だと思います

     もう無理だ

    どうせ無理だよ

実はこの言葉はとても恐ろしい魔法の事なんですよ

何故ならこの魔法の言葉を唱えれば、辛い事や苦しい事をやらなくて済むんです

     なんて便利な言葉なんでしょうね

しかし、それは自分自身の成長を止めてしまう最も危険な言葉なのです

 その魔法の言葉を唱えた人間は自信を失います

 自信を失った人間は他の人間の自信を奪います

学校の先生などいい例です、成績の悪い子がもし東大を目指すと言ったらきっと先生はこう言うでしょう

       「お前には無理だ」

何故なら、先生自身が東大にいく事を無理という魔法を唱え諦めたからです

きっと魔法の言葉を使わず、諦めずに努力したけど結果的に東大に合格できなかった先生なら、成績が悪い子にきっとこう言うでしょう

     「だったらこうしてみたら?」

最初から無理だと決めつけず、東大に合格する為のアドバイスをしてくれるでしょう

そして、物事の全ては最初が1番難しくもあり、最も魔法の言葉を唱える時でもあります

継続する事で人の世界観は必ず変わります

以前、面白いお話を聞いたのでご紹介いたします

友人と食事に行った時のお話ですが、食事をしている最中に友人がトイレに行くと言って席を立ちました、そしてトイレから用を済ませ帰ってきた友人が私に興奮気味にこう言ってきました

    「あのトイレの配管の作りは凄い!!」

私は何を言っているんだ?と思いました

何故なら、私もそのトイレにさっき行ったけど何とも思わなかったけど?

実はその友人は配管工の仕事を長年していました

ここで1つとても大事な事が起きてたんです

同じ物を見ているハズなのに見える人と見えない人が存在するという事です

「1つの真実に2つの心理がそこには存在しました」

それは、友人が配管工という仕事を長年継続してやってきたからこそ見える世界で、そうでない人には見ているはずなのに見えない世界なのです

結果として、どんな事でも継続する事によって世界観をいくらでも変えらるのと同時に、己の成長に繋げられるのです

      それを止める魔法の言葉は f:id:hidetoasahi:20181107125525p:plain

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました

自信があるから!ライザップは30日間全額無条件返金保証。詳細はこちら≫