hide~僕の365日戦争

馬鹿な男が必死で生きてる物語

また銃乱射事件、しかし日本も他人事ではない!

f:id:hidetoasahi:20181109054306j:plain

7日午後11時20分(日本時間8日午後4時20分)ごろ、米カリフォルニア州サウザンドオークス
飲食店「ボーダーライン・バー・アンド・グリル」で
銃乱射事件が起きた


「ボーダーライン・バー・アンド・グリル」は、地元の人気店。突然、容疑者の男が乱射を始め、店内にいた人々は物陰で息を潜めたり、椅子で窓ガラスを割って屋外に逃げだそうとしたりしたという。


19歳の少女は、ロサンゼルス・タイムズ紙に「安全と思っていた場所で事件が起きたのがとても恐ろしい」と話した。


地元警察幹部は、記者会見で「恐ろしい現場だ。至るところが血まみれだった」と険しい表情で語った。 


12人が死亡したと確認した、店内で11人が死亡していたほか、駆け付けた警官1人も犠牲になった、他に10~15人が負傷し犠牲になった12人とは別に容疑者の男も店内で死亡しているのが見つかった。
 

このニュースを聞いて誰もがまたかと思ったハズだ。


そろそろさ、本格的に銃規制しなければ、乱射事件は
なくならないあきらかな社会問題だと私は考えます。


日本も例外ではありません、包丁があればいつでも無差別殺人がいつ起きるかわかりません。


包丁だけではなく、生活の身近な物で簡単に人は殺せます。


その殺せる道具は時代の進化と共に増え続けています


車さえなければ車による交通事故で死ぬ人はいません


スマフォさえなければ、今よりもスマフォを見ながらの交通事故や衝突事故、転落事故また殺人事件や詐欺事件は増えてないハズです。


包丁がなければ、刺殺事件など無くなっているハズ


しかし、これらのどこにでもある身近で生活に直結している「便利な物」は、今を生きる私達にとって必要不可欠な物となってしまっています。


   だから私は常々こう言っているのです



 【人間というのは便利を求めて便利に殺される】


しかし、この無慈悲な時代の進化を止める事は出来ません。


いずれはAIに全てを奪われる日がやって来るかもしれません。


なので、いま私達に出来る事は1日1日を大事に生きる事、当たり前の日常とは思ってはいけません。


   その1秒先は全て奇跡で出来ているから


本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました

おトクな優待が5万件以上!【dエンジョイパス】